• ホーム
  • 肌荒れを軽減するセロトニン胃腸薬

肌荒れを軽減するセロトニン胃腸薬

肌は、体に取り込まれたり体で生成された老廃物や毒素を排出する生体器官の一つです。
お酒を飲み過ぎたり、暴飲暴食や夜更かし、便秘が続くと過剰に摂り過ぎた油糖や油分肌が排出しようとする為に、ニキビや毛穴が詰まるなど肌荒れが引き起こされます。
しかし、夜更かしや暴飲暴食、紫外線を浴びても肌荒れせずに綺麗な素肌を維持している女性がいます。
素肌の綺麗な女性は、胃腸や内臓が非常に健康で排出器官で老廃物や毒素を排出出来る為に肌まで老廃物や毒素が回らない為に肌荒れが少ないのです。
セロトニン受容体は、中枢神経に存在する受容体であり、5-HT3受容体のみがイオンチャンネル共役型受容体である5-HT3と細胞膜を7回突き抜ける事から七回膜貫通型受容体とも呼ばれるGタンパク質結合受容体(GPCR)の2タイプ11種類が存在し、ヒトゲノムには350種類のGタンパク質受容体が含まれています。
モサプリドを主成分とする胃腸薬は、胃や十二指腸に存在するセロトニン5-HT4受容体に作用する事で副交感神経や運動神経の末端から放出され神経伝達物質であるアセチルコリンを酵素アセチルコリンエステラーゼの効果でコリンと酢酸への遊離を促進し、アセチルコリンの作用により消化管運動促進作用や胃排出促進作用を示す事で、 一般的に処方される胃腸薬であり、消化管運動促進薬や消化管運動賦活薬、胃腸機能調整薬、胃腸機能改善薬」などに分類される薬剤です。
このセロトニンに作用する胃腸薬は、従来の胃腸薬の様にホルモン異常や不整脈の副作用が極めて少なく、胃腸の痛み止めである抗コリン薬との見合わせると薬同士で効能を打ち消し合う程度で、大きな副作用を引き起こす禁忌薬は無いとされています。
シサプリド(アセナリン)に変わり広く処方されるようになっています。

関連記事
胃痛い場合に胃腸薬を飲んで異常な眠気を感じる 2019年12月11日

薬剤にはそれぞれ、特有の作用と副作用があります。どんな薬でも、病気を治す作用だけではなく、副作用も存在しているのです。例えば、胃痛いという症状が現れている場合、まず思い浮かぶのが胃腸薬を服用するということでしょう。胃腸薬であれば、どのドラッグストアや薬局でも購入できるものがあるので、気軽に使用するこ...

胃が痛くなる原因や胃が痛い時の胃腸薬の効果 2019年11月12日

胃が痛くなる原因は、ストレスなど神経性によるものや、暴飲暴食など生活習慣に原因があるとされてきました。食べ過ぎなど胃が痛いという症状が一過性の場合は、胃腸薬など市販薬で事足りることもありますが、近年ではヘリコバクターピロリ菌の存在が明確になり、胃炎や胃潰瘍にとどまらず、胃癌の原因にもなることもわかっ...

胃腸薬だけではない過敏性腸症候群のジェネリック 2019年08月27日

過敏性腸症候群はストレス性の病気で、腸を中心に異常を来しますから、下痢や不快感、痛みなどの症状が人々を苦しめます。特に若い人が発症し易い過敏性腸症候群ですから、胃腸薬で誤魔化す事は多いですが、市販の物は効果が限定的なので、適用に値する薬を提供して貰うのは大切です。医師が出せる薬の効果は市販胃腸薬以上...

ランキングで人気!漢方薬配合の胃腸薬の副作用 2019年10月13日

胃腸薬には色々な種類がありますが、その中でもランキングでいつも上位に入る程、人気なのが漢方薬タイプです。漢方薬タイプの胃腸薬は、生薬を中心に作られています。西洋系の胃腸薬は、今起こっている胃の不快な症状を鎮める効果に長けている点が特徴です例えば、胃酸が多く出過ぎて胃痛が起きている場合は、胃酸の分泌を...

胃拡張や胃腸薬とマロリーワイス症候群の予防 2019年09月14日

マロリーワイス症候群は、食道下部に小さな裂傷が生じることで出血を起こし、吐血などの症状があらわれる病気です。30代から50代の男性に多くみられ、アルコールの過剰摂取や胃拡張による嘔吐などの原因が挙げられます。自然に止血されることが多く、特別な治療はしないことがほとんどですが、嘔吐によって症状が悪化す...